★気ままに自宅で映画観賞★

 映画感想+ちょっとした雑談。素人小説書館現在連載中。

ビッグ・フィッシュ

          f:id:chibigori:20210726154536j:plain

 

大きい魚ではなく、誰も信じないホラ話という意味があるんだそうです。ホラ話ばっかりの父親、親子の隔たり、そして恋物語という素材をファンタジーの容器に入れて完成した映画と言えばわかりやすいでしょうか。日本での公開は2004年で、回想と現実を行ったり来たりする。ただ、それほど戸惑うほどではなく自然に見ることが出来ます。早々から耳に心地良いのは森川智之の声でしょう。甘くて優しくてファンタジーの世界にグイと引き寄せられる感じです。子供を怖がらせるシーンや適度なお笑い、加えて女性をキュンとさせる話もあって、如何にもという具合に見せてくれるわけですが、個人的には大男の存在が大きすぎて、主役ですら脇役に思えてしまうほどです。CG?特撮?一目彼を見た時から画面に釘付けですよ。アメリカの俳優で名前をマシュー・マッグローリーといって他にも映画に出てるようですけど、この翌年に32歳で亡くなっているんだとか。若いのに残念ですね。ぶっちゃけストーリーよりも彼が一番でしたよ。

 

 

f:id:chibigori:20210703121515j:plain    chibigori’s voice●            


部屋の模様替えであれこれ捨てたいものがある。という話を少し前に聞いたんですが、その着手に入ったようで寝ていてもガタガタと音がする。さすがに近所迷惑なほどでもないですけどね。一気にやりたいんでしょう。普通のごみは当然の事、問題となるのは粗大ごみ。出来る限り解体するように話したものの、なんだかんだ言って最後はこっちに出番が回ってくるんだろな。