★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

スパルタの海

イメージ 1


店頭の検索機から簡単にお取り寄せできるTSUTAYAの新しいサービス。
それがリクエストお取り寄せサービスで、先週初めて利用したわけですが、なんでも始まったのは去年の10月頃らしい。確かに以前は店内の在庫は
確認できましたが、調べて無ければそこで終わりで他を回るしかなかった。

それはそれでまた違った楽しみもあるわけですが、いくら探したところで
無いものは無い。今回お取り寄せしてもらった映画も、見つからないので
一度はネットで購入しようかとポチっておりました。しかし、コンビニ決済が
出来なかったために保留し、決済の出来る所で買おうか迷っていました。

イメージ 2

それが、1983年9月に公開予定となっていた「スパルタの海」であります。
ワケありな映画と言う本の中で、上映禁止になった作品としてこの映画が
紹介されていたのですが、読めば読むほど見たいと言う衝動に駆られる。
しかし、問題な作品はどこにも置いてないと言う別の問題もあったのです。

当時、死者まで出し社会問題にもなった戸塚ヨットスクールを描いていて、
公開直前の6月に戸塚校長とコーチが警察に連行されたことで、映画は
完全にお蔵入りとなった。それが20年以上続いたわけですが、スクールを
支援する会が著作権を買い取ることで、DVD化が実現されたようです。

イメージ 3

全国で順次公開されるようになったのは、製作から28年後の2011年で、戸塚校長を演じるのは支援する会の理事でもあった伊東四郎。日に焼け
ぎらついた顔に見え隠れするエネルギー。ただならぬ雰囲気が良いです。
また、コーチで正看護婦の山本みどり。ハッとするようなシーンもあります。

生々しい体罰、死亡事故に至った話など包み隠さず見せていて、体罰
シーンなどはかなりリアルに見せていますね。怪我人、脱走者、さらには
死者と戸塚ヨットスクールの問題ばかりが描かれているのかと思いきや、
この映画の出来栄えはなかなかなので、見ておく価値は十分ありますね。