★気ままに自宅で映画観賞★

     映画の感想+αを気の向くままに綴っております。

グランドイリュージョン 見破られたトリック

イメージ 1


先週の21号に続き今週は22号と、二週連続の台風では、さすがに気分も憂鬱ですが、半日仕事の後は一時間ほど掛けて頼んでおいたスタッドレスタイヤを履きに行きました。突然の雪の予報で去年は12月に履いたような
記憶がありますが、それでもホイール付きを自宅でやったから待ちは無し。

ただ、今回はタイヤだけを購入したため、雪の予報がたとえ出ないとしても時期になれば嫌でも混雑する。そこでシーズンには些か早いですが、長い
待ち時間を敬遠しようと10月での装着に踏み切った次第。下手をすれば
降らないかもしれませんけどね。車の保険同様に入れておけば安心です。

イメージ 2

そんな経緯で映画は夜になりました。2016年のNow You See Me 2が原題の「グランドイリュージョン 見破られたトリック」であります。2013年の
グランドイリュージョンの続編ですが、前作よりも先に続編を見るいつもの
パターンと相成りました。これで何度目かと思いつつも特に違和感は無し。

とは言え、これが気になって見たいと思うのであれば、前作から見ることを
オススメしたい。恐らくその方がキャラが自然に受け入れられるはずです。
冒頭に出る声でもしやと思ったら、やはりモーガン・フリーマンでした。坂口
芳貞の声を聴くだけでモーガンの顔が浮かぶ。これ以外の声は無い感じ。

イメージ 3

1年以上の潜伏を経て再びフォー・ホースメンが動き出す。このメンバーが
少々取っ付き辛いのは前作を見てないのが要因でしょうが、それ以外でも
映像が全体的にうるさい感じがしましたね。その反面、流れは小気味良い
ほど軽快で何かを見逃さんと画面に集中させてくれる。ストーリーも良い。

変わったところではハリー・ポッターダニエル・ラドクリフが癖のある役を
演じている。髭を蓄えてるせいか一瞬誰だか判らなかった。マジシャン的な
シーンは見応えもありますが、同時に実際にどこまでやってるのか疑問に
思ってしまうのが惜しまれる。モーガンの味のある演技はさすがでしたね。