★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

君の膵臓をたべたい

イメージ 1


タイトルこそ流行に疎い私の耳にも残ってますが、考えてみればどこかホラーをも連想させるほどインパクトがあるでしょうか。とは言え、君を食べたい。では直球過ぎるし、面白味も半減してしまうかもしれませんね。だいぶ見るのが遅くなりましたけど、どうせなら原作を先にと、ちょうど昨日の夕方に読み終わり、その夜に視聴と取れたてフルーツのような新鮮な気分で見られました。映画は原作にない12年後の世界とメインの高校時代を過去として見せてくれていますが、これがまた新鮮に映る。それに合わせて美味しいところをうまく掻い摘んでる為、運びがスムーズなのも好印象です。それにしても桜良役の浜辺美波は小説のイメージとマッチしてて、可愛らしいですね。個人的には原作の最後のシーンはちょっと希望を抱かせる余韻が感じられて、映画にも出るのだろうと思っていたのですが、登場は無かった・・・残念。

●ちょっとひとこと●

膵臓と言う字はパッと言われても書けそうになく、とあるクイズ番組の問題として登場しそうな気もしますね。そういえば、これは長編アニメにもなってるようなので、どんな描き方をしているのか機会でもあったら見てみようと思いました。