★気ままに自宅で映画観賞★

 映画感想+ちょっとした雑談。素人小説書館現在連載中。

小説家を見つけたら

          f:id:chibigori:20200627001855j:plain

 

五代目007のブロスナンの後は、初代ジェームス・ボンドショーン・コネリーが主演の本作。白い髭と髪がすっかりお馴染みになって、素敵なオジサマの響きがその佇まいから滲み出るかのようです。書き物好きの人の心を擽るかのタイトルを持つ本作が日本で公開されたのは2001年と、もう二十年近く前になるんですね。007シリーズを筆頭に彼の出演作品はいくつか所有して見ておりますが、今回のように初めて見る場合に一番気になる事はと言えば、やはり声でしょうか。コネリー=若山の図式が定着してしまったせいか、個人的にはあの甘い低音がスッと受け入れられて良いんですけど、本日のコネリーはトラウトマン大佐の声優である内田稔。それでも違和感は初めだけで知らぬ間に良い具合に溶け込んでますから若山ファンの人も大丈夫でしょう。小説家コネリーと黒人少年との不思議な関係を二時間越えで見せる。これが一見単調なようで見るほどに味わいが増していく。こんな出会いが少し羨ましくも映りましたね。

 

●ちょっとひとこと●
我が家の衣類乾燥機が先週突然動かなくなりまして、音はするけどドラムが一向に回ろうとしない。こんな時は叩くんだと某映画の中で誰かが言ってましたけどね。さすがにこんなジメジメした時期なので不便で仕方がありません。五年保証だったらギリで修理も間に合ったのですが、残念ながら保証は3年。壊れるときはこんなもんです。いずれにしろどうにかしないと困りますね。

 

f:id:chibigori:20200606080121j:plain 陰干しは経験済みですが乾燥機で回った事はありません。