★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

ブライダル・ウォーズ

イメージ 1


夏休みや大型連休といったシーズンに、有名な観光スポットに訪れる事はある程度の覚悟が必要で、特に車で出掛ける時などは渋滞も観光名所の
一つくらいで思わないといけませんね。そんな異常な混雑は地元の人にも
迷惑な話でしょうが、観光客が押し寄せることによる恩恵があるのも確か。

もっともそんな話はごく一部の人だけで、地元で生活する人にとって渋滞は
支障でしかないでしょうね。そこで出てきたのが渋滞緩和策として観光地を走る自動車から通行料金を徴収する制度。今のところ、来月以降に調査を
開始する段階ですが、極楽寺で地獄を見ることが無くなるよう期待したい。

イメージ 2

激しい渋滞も考え方によっては戦いみたいなものですけど、今回の戦いの
テーマは結婚。インスタントのソース焼きそばを昼に食べてから見たのは、
2009年のアメリカ映画。「ブライダル・ウォーズ」です。ちなみに日本では
劇場公開されておらず、その年の11月にDVDとビデオがリリースされた。

主演は連続のアン・ハサウェイで声優は中村千絵。アンの声としてはやや
耳慣れない感じでしょうか。そして、アンが演じるエマの幼馴染みで親友の
リヴを演じるのがパーフェクト・プランに出たケイト・ハドソン。ケイトの声は吉川亜紀子です。同じ日に結婚することになった二人の戦いのストーリー。

イメージ 3

リヴとエマは幼い頃からの親友で、偶然にも同じ日に婚約した二人。そこで二人は同じホテルでの結婚式を計画したのだが、ホテル側のミスによって同じ日の同じ時間にダブルブッキングされてしまう。仲の良かった二人の
関係は次第にエスカレートしていき、ついには壮絶なウォーズを開始する。

女性によるウェディングがテーマとなるため、男性にはちょっと不向きにも
思えますが、ロマンティック・コメディですので、普通に楽しむことが出来る。親友関係が一転し、険悪になって行く様などは、心を痛めつつも、不意に
笑いが出てしまうほどです。結婚に掛ける思いや友情が良く表れていた。