★気ままに自宅で映画観賞★

     映画の感想+αを気の向くままに綴っております。

アザ―・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!

イメージ 1


続報。縦縞になったモニターではネットも見れないし、10年以上経過した
ハードに修理代を掛けるのも意味もないと、潔く買い替えを決意しました。
当初は市外のパソコンショップに出向こうと思ったものの、何度か訪れた
店は統合により閉鎖で県外になった。どうりで電話が通じないはずです。

あるいはモニター程度なら近くの大型家電量販店にあるかもしれないと、
早々に視察に行ったところ何台かありました。お値段も手頃。とは言え、
問題もある。それは古いパソコンとの接続で、一応話だけ聞いて帰宅。
手間代で済ませるはずの虫除去作戦は、思いのほか高くつきましたね。

イメージ 2

そんなこともあって昨日の午後は対戦相手を虫からパソコンに変更です。
ネットも見られないようじゃ投稿も出来ませんからね。そして、今日は、
2010年の「アザ―・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」で、ジャンルは
アクション・コメディとなります。原題はアザ―・ガイズ。これだけでも十分。

オープニングはドウェインが派手に暴れるわけですが、このシーンだけで、
掴みはOKって感じですかね。カーチェイスに銃撃戦と見せてくれます。
ただし、ここからは急に肩の力が抜ける感じ。コメディに様変わりです。
行動や会話で笑わせてくれるのですが、この映画は何よりテンポが良い。

イメージ 3

ウィル・フェレルマーク・ウォールバーグによるコンビのやり取りがキモ。
どんな事件なのか等は、もはやどうでもいいことにすら思えてしまいます。
プリウスのパトカーも意表をついた感じですが、実際に乗られている方
などは集中砲火を浴びて、少々不愉快になる可能性もあるでしょうね。

意表を突かれるのは登場する人も同様で、それがまた面白くさせます。
誰がどのように出るのかは、知らないで見た方が良いかもしれませんね。
個人的にはドウェインのアクションそのままで見たかったと言う希望も
あるのですが、見ているうちにそれすらも忘れさせてくれる映画でした。